家事

【買い物に行くのがめんどくさい!】めんどくさい理由と対処法5選

買い物めんどくさい
  • 疲れて買い物に行けない…
  • 仕事が忙しくて買い物に行く時間がない…
  • 子どもと一緒に買い物に行くのが大変…

毎日家事、育児、仕事に忙しい共働きの方は買い物に行くのがめんどくさいと思う方も多いと思います。しかし、買い物に行かないとご飯も作れないので困ってしまいますよね。

この記事では、買い物に行くのがめんどくさいと思ったときの対処法を共働き歴7年のワーママが紹介します。

記事の中の対処法は、すぐに実践可能な方法ばかりなので買い物に行くのがめんどくさいときでもおいしいご飯をたべることができますよ。

買い物がめんどくさいときの対処法ポイント

買い物がめんどくさいときは、ネットスーパーや食材宅配、宅配弁当などの便利なサービスを利用しましょう。便利なサービスを利用すれば買い物に行くことができなくてもおいしい料理が食べることができます。

買い物に行くのがめんどくさい理由8つ

買い物に行くのがめんどくさい理由は、以下の8つが考えられます。

  1. 買い物に行く時間がとれない
  2. レジに並ぶのが嫌だ
  3. 買い物リストを考えるのがめんどくさい
  4. レシピを考えるのがめんどくさい
  5. 重い荷物を持って帰るのが大変
  6. 暑くて外に行きたくない
  7. 子どもを連れて一緒にスーパーに行くのが大変
  8. 妊娠していて重い荷物を持つことができない

それぞれの状況で買い物に行くのがめんどくさいという理由はあると思います。

共働きで忙しい方は、買い物の回数を減らすことでストレスが減ります。

買い物めんどくさいときの対処法5選

買い物に行くのがめんどくさいときの対処法は5選あります。

  1. 買い物に行く回数を減らす工夫をする
  2. ネットスーパーを利用する 
  3. 食材宅配サービスを利用する 
  4. 宅配弁当を利用する
  5. フードデリバリーを利用する

1、買い物に行く回数を減らす工夫をする

買い物リスト

買い物に行くのがめんどくさいときは、買い物に行く回数を減らすための工夫をしましょう。

作るレシピを考えて、買い物リストを作って買い物に行くと買い忘れがなくなり、買い物に行く回数を減らすことができます。

買い物リストを作っておくてと必要のないものを買うことがなくなるので、無駄遣いもなくなります。

1週間分の買い物を1回で済まそうと思うと買い物の量が多くなりがちです。

家族の人数が多い、重い荷物を持てないという方にはおすすめできません。

2、ネットスーパーを利用する 

ネットスーパー

買い物に行くのがめんどくさいときは、食材を配達してくれるネットスーパーを利用しましょう。 

店内を探し回るのがめどくさい方や子どもと一緒に買い物するのが大変な方、お米や飲料水など重たい荷物を運べないという方には、ネットスーパーがおすすめです。

ネットスーパーなら食材だけでなく、日用品も取り揃えているので薬局などに行く手間を省くこともできます。

スーパーによって違いはありますが、送料は300~500円程度かかります。購入金額がある金額を超えると配達料無料になるところが多いです。

ネットスーパーは置き配に対応していないのため、配達時に在宅している必要があります。ネットで注文してから早いものだと注文から5時間以内に届き、配達日時を選ぶことができ便利です。

空き時間にスマホで注文して買い物できる、とても便利なサービスです。

主なネットスーパーは以下です。 

配達地域も限られているので、ご自身の居住地や環境に合ったネットスーパーを選びましょう。

3、食材宅配サービスを利用する 

オイシックス

買い物に行くのがめんどくさいときは、食材宅配サービスで食材を配達してもらいましょう。

食材宅配サービスには様々な種類があり、全国的に配達しているサービスが多くあります。

食材宅配サービスは、食品や日用品などをカタログやWeb上で選び、注文した翌週に届けてもらえます。

安全性が高い食材を扱っている食材宅配も多く、安心して子どもに与えることができる食材が多いです。

食材宅配では、「ミールキット」と言って、食材がカット・下処理済みのキットを扱っているサービスが多いです。

食材がカット・下処理済みなので、キットから食材を出して炒めるだけで10~20分で料理が完成します。

ミールキットのおすすめはミールキット5社を徹底比較!おすすめをランキング形式で紹介に詳しく書いています。

食材宅配の価格はスーパーより高いですが、無駄な買い物が減ったので食費は変わっていません。

4、宅配弁当を利用する 

買い物もめんどくさいし、料理をするのもめんどくさいという方は、宅配弁当サービスを利用しましょう。

宅配弁当サービスは、ダイエット用のものから高齢者向けのものとさまざまな種類があります。

疲れて料理をしたくないときには冷凍のお弁当のストックがあるとすぐにご飯を食べることができます。

5、フードデリバリーを利用する 

フードデリバリー

買い物をしたくないときにはUber EatsWoltなどのフードデリバリーを利用しましょう。

Uber EatsやWoltは料理をデリバリーをしてくれるだけではなく、スーパーの食材のデリバリーも可能です。

ネットスーパーと異なる点は、スーパーが営業中であればすぐに注文してもらえるところです。

買い物に行くのがめんどくさいと感じたときにすぐに食材を届けてもらえるので便利です。


おすすめのフードデリバリーサービスは以下の2つです。

Uber Eats フード注文初めての方限定クーポン

クーポンコード JPEATS70OCT を入力すると注文金額が1,000円オフで注文できます。

Uber Eats 初回クーポンの使い方
① 下の緑ボタンからUber Eats にログインまたは新規登録する
② Uber Eats 画面右下の「アカウント」→「プロモーション」→「プロモーションコード」を入力する
③ 注文するお店を選び、料理をカートに入れて、会計画面でクーポンコードを選択する
クーポンコードJPEATS70OCT
期間2022/10/1~10/31
内容1,000円割引
利用条件・初回注文
・1,500円以上の注文(サービス料などを除く)
利用方法アカウントからクーポンコードを入力する

初回はタダ飯可能!

Sponsored Links

買い物がめんどくさいときは便利なサービスを利用しよう!

楽しい食事

さまざまな理由で買い物がめんどくさいことは多いと思います。

買い物もめんどくさいほど疲れているときは便利なサービスを利用して、少しでも楽をしましょう。

疲れていときに無理矢理買い物に行ったり、ご飯を作ったりするとストレスがたまります。

ご飯も作りたくないという方は冷凍弁当がおすすめです。

おすすめの冷凍弁当はヨシケイです。



こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA